採用に関して

2007年12月28日 (金)

梅田望夫さんに学ぶ

梅田さんは以前日経ビジネスで1ページのコラムを書いていました。

内容の濃い、ためになるもので、いつも考えさせられることが多かったものです。

「ウェブ進化論」で大ブレイクしましたが、「ウェブ時代をゆく」はご自身の生き方・働き方を例に興味深いものでした。

この本に出てくる「けものみち」という生き方は私がまさに通ってきた道であり、既に実践していることが多く、少し驚きを隠し得ませんでした。

このようにきちんと整理されると「舗装」されているかのようで違和感さえ覚えてしまうのですが、実際のところは「脳ミソに筋肉が付く」ほど考え、実践することの繰り返しでしか得られない境地に相当すると思います。

常に挑戦している姿をプロフェッショナルだとすると、自分もそうあり続けたいと思う今日この頃です。

|