住まいサーフィン

2012年5月 7日 (月)

分譲マンションの行政区別需給バランスが判明(5/7)

【概要】
 湾岸戦争のように、供給が一部のエリアで増えると、後発物件が需要枯渇で大苦戦します。
 この他、下丸子戦争、武蔵小杉戦争や郊外型の大苦戦大規模物件などもこれで説明ができます。
 こうした需給バランスを正確に計算し、時系列で動的に追えるようにしました。
 不動産のリスクマネジメントには役立つこと間違いなし。それも郊外物件は特にです。

【特徴】
 ①供給に応じて需要が喚起されるので、需要が変動する
 ②地図に落とすと、俯瞰的に状況を判断することができる
 ③総数だけでなく、価格帯・面積帯でどのセグメントがまだ行けるかも判別できる

【将来予測の方法】
 供給予測を想定すると、将来シミュレーションできる
 次の3つのアプローチで解決できます。詳細は応相談です。
 ①供給残の積上げ 例)1期販売中なら、残販売戸数
 ②着工済み未供給戸数の積上げ
 ③用地情報からの類推を積み上げ

【将来的な使いみち】
 上記③をデベロッパーと金融機関が情報を共有すれば、
 (事業資金を貸したら、その物件の計画概要を共有する)
 市場のリスクマネジメントは格段に進化を遂げることになります。
 つまり、デベロッパーの倒産と金融機関の焦げ付きが減るということです。
 分譲市場は「神の見えざる手」より「可視化した情報」で振幅を狭めた方が、デベ・金融機関・購入者にとって望ましいと、考えます。

 地図やグラフはFacebookでご確認下さい。
 http://www.facebook.com/eugene.oki

|

2009年12月 9日 (水)

会員限定クローズド値引き販売

今週、弊社運用の住まいサーフィンにて、大規模に会員限定訳あり住戸のクローズド販売を行います。

新規分譲マンションの販売に急ブレーキがかかる中、在庫をこっそり処分したいニーズは強くあります。

購入者側も新築の価格についていけずに中古に流れるケースが非常に多く、価格目線さえ合えば新築でと思う人は多く潜在しています。

それらをマッチングさせるのが、今回の「住まいサーフィン会員限定クローズド販売」で、今後の残戸処理の1手法として定着すれば市場に対して貢献できるものと思います。

これに先立って値引きについてアンケートした結果からは、
その物件を検討していた人にとっては10%の値引きでも1/3の方が、15%なら約半数の方が購入意思を持ち合わせている、と分かっています。

そして、今回訳ありとは言え、大手デベロッパーの物件が平均17%、最大29%引きの値引き販売を行います。(詳細情報の漏洩は規約で固く禁じられています)

期間は限定なので、GUILT(服などのファミリーセールサイト)のように、早い者勝ちです。
この機会を活かした方は自分だけ安く買えて、中古価値も高く保てるので、かなりのお買い得ということになるでしょう。

今回成功裡に終われば、また次があると思います。

会員限定販売サイトは「住まいサーフィン」で。

http://www.sumai-surfin.com/

|

2009年11月18日 (水)

マンション値引き販売

マンションの値引き販売は通常販売センターで膝詰めで行うもの。

しかしながら、来場者数が減ってくると待っていてもなかなか埒があかない。

そこで、住まいサーフィンではマンションの値引き・値下げ・アウトレット住戸を会員限定で極秘にて販売することを行っています。

会員制サイトの良さは顧客ニーズが分かっていること。

匿名ではできないサービスをここで大きくしていきたいと考えています。

こうしたサービスは値引いても売りたい売主側とできれば安く買いたい買主側のマッチングなので、WIN-WINになります。

また、売主側には成功報酬型で提案しており、広告宣伝費などの予算がない場合にも値引き原資があれば取り組むことができるように設計されています。

マンションの在庫一掃に一役買って出ようと思います。

売りたい方はこちらからお問い合わせを

http://www.a-lab.co.jp/contact/product.html

買いたい方はこちらから会員登録を

http://www.sumai-surfin.com/

|