« 沿岸部居住者数の算出結果(3/14) | トップページ | 沿岸部病床数の算出結果(3/15) »

2011年3月14日 (月)

沿岸部居住者数の算出結果 続き(3/14)

先ほどの1kmと同じやり方で、岸から3km・5km圏内を算出しました。

■人口・世帯数(コメント)
1km圏内の人口が46万人、3kmは104万人、5kmは152万人。
対象面積が1辺の長さに比例するので、1:3:5となる。
152÷5=31万人なので、1km圏内の46万人の方が多く、沿岸部に集中して住んでいた実態がある。

また、一般世帯数は1kmが15.6万世帯、3kmが35.8万世帯、5kmが54万世帯。
これを面積で割った密度は人口と同様の傾向となる。

沿岸(1km)から内陸(5km)に入ると、世帯構成がやや小さくなるが、大きな傾向の違いはない
 世帯人員3.0→2.8人

■世帯の家族類型(コメント)
沿岸(1km)から内陸(5km)に入ると、高齢者比率が低くなる。 50%→40%

■面積帯別・世帯人員別世帯数(コメント)
沿岸(1km)から内陸(5km)に入ると、単身世帯割合が高くなるが大きな傾向の違いはない
 単身世帯割合 22%→25%

沿岸(1km)から内陸(5km)に入ると、平均面積は小さくなる
 平均面積 110㎡→99㎡

■総括
 総じて、沿岸部と内陸部の世帯構成や住宅属性は同様であり、沿岸部に合わせた対策が望まれる。
 最も大きな特徴は沿岸部に居住者が集中しているという分布状況にあり、
 被害想定を減じる要素が当データからは言えないという悲しい事実である。

最後に、当調査を自主的に行い、まとめてくれた社員を誇りに思います。

 アトラクターズ・ラボ株式会社 代表取締役 沖 有人

|

« 沿岸部居住者数の算出結果(3/14) | トップページ | 沿岸部病床数の算出結果(3/15) »