« 2010年4月7日 | トップページ | 2010年6月9日 »

2010年5月30日

2010年5月30日 (日)

メディアラボに対する憧れ

1988年頃、MITのメディアラボに関する本を読んで、未来をデザインする仕事に憧れを持った。

会社名にラボを付けたのもこのメディアラボの影響であり、自分の仕事の位置づけを「未来をデザインする」ことにしたい表れでもある。

「未来は自分で作るもの」「NO FATE(運命も自分で作るもの)」というのは昔から考えは変わりはない。

メディアラボを思い出したのは、ipadの登場に起因する。

ディスプレイは紙のようにしなやかで折りたためて、キーボードはなく、持ち運べるようになると企図していたと記憶している。

ipadも進化して、有機ELなどで上記の要素を満たすようになるのかもしれない。

いつの世でも未来に対する期待感は強い。appleの時価総額がmicrosoftを超えたように、未来だと思われていたことを現在に普及させることの起爆力は絶大である。

経営者としては、未来と現実のはざ間でバランス感覚を問われているように感じる。

お楽しみはこれからだ、といったところか。

|

« 2010年4月7日 | トップページ | 2010年6月9日 »