« 2010年3月18日 | トップページ | 2010年4月7日 »

2010年3月26日

2010年3月26日 (金)

市場回復の実感

様々な指標が前年同月比や前月比で改善傾向が見えてきた中、仕事の量も急速に回復してきており、市場回復を実感している。

分譲事業にも資金が付くようになり、賃貸の流動化事業にもファンドレイズの話しなどが目白押しで、直近の成約状況も堅調といった状況にある。

先日、クライアントに呼ばれて継続契約の打ち合わせをしたが、最後に「悪い話(減額・解約等)を想像していましたか?」と聞かれ、回答はお茶を濁したが、実のところは今時悪い話しをしているようでは遅過ぎて、回復に向けての活力に溢れた話しでないと物足りなさまで感じているのが本音だった。

そんな中にあって、仕事の依頼される内容は以前と少し異なっている。

過去の失敗に学ぼうという姿勢が随所に見られるというのが特徴である。

これはステイクホルダーとしては嬉しい限りである。

不動産事業のリスク管理が難しいことは歴史が証明していて、たとえ大手や急成長企業であっても例外ではない。

この課題はうちがマーケティングソリューションすべきものでもあり、その責をまっとう出来る様努力する所存である。

|

« 2010年3月18日 | トップページ | 2010年4月7日 »