« 2008年7月10日 | トップページ | 2008年11月18日 »

2008年8月29日

2008年8月29日 (金)

予測は当てるもの

仕事柄、予測を頼まれることが多い。

人口・世帯数や着工戸数や需給バランスや価格変動などの予測である。

予測するには市場構造が正確に分かるだけでなく、「どうなりそうか」というシナリオ設定の見識が重要になってくる。

予測事態は統計処理を伴うが、統計を使う人は「統計上はこうした予測になる」という体のいい[言い訳]が多い。

予測の値はどうやって算出しようが、クライアントにとっては「当たる」ことが大事なので、私は言い訳はしないと決めている。

実際、2005年の日本の出生率を当てて、朝日新聞・読売新聞で評価された。

当たるために努力することが自分達のアイデンティティだと思う。

|

« 2008年7月10日 | トップページ | 2008年11月18日 »