« 2007年11月13日 | トップページ | 2007年12月5日 »

2007年11月21日

2007年11月21日 (水)

AERA(07.11.26号)

AERAの巻頭特集に企画案から入って、データ提供や取材を受けました。

セオリーの「土地のグランプリ」もそうですが、いい企画を作るというのも取材を受ける際に重要なことです。表層だけを見て見出しだけの記事を書きたい取材はあまたありますが、ツマラナイと思うと他社を紹介したりして取り合わないことも最近多くなりました。

今号は幸い、政治ネタ(小沢辞任騒動)の次の増大号の第一特集なので、部数や反響も多いようです。

特集では「新築換算価格」という中古データからその物件が現在新築ならいくらを算出したものを用いています。

デベなら通常やっている業務を正確に省力化したものですが、実名事例が多くあるところが大きな訴求力となっています。

これがあれば13,000件の実名物件で相場観が3分で掴めます。

うちのクライアントに比較的若くて優秀な人が多いのは、こうしたツールで経験と勘を早期に醸成できることが魅力なのだろうと想像します。

旧態依然の年輩者が「経験と勘」で言うことにキャッチアップし、鋭く切り込むには「武器」が必要という訳です。

デベ・販社・レンダー(金融機関)などの事業者(B)向けにも、購入予定者・購入者といったC向けにも参考になる企画にしたつもりですので、手にとって見て下さい。

|

« 2007年11月13日 | トップページ | 2007年12月5日 »